正しい判断を下せなくなるリスクがあります

-

-

いよいよ投資すると時という段階では、下調べを怠ってはならない。仕事 辞めたい アフィリエイト

トレードを行う前であったら、その物を冷静に見ることが可能です。

ところが、一回トレードの内部に入ってしまうと、どう工夫しても考え方が独りよがりになる事が多く、正しい判断を下せなくなるリスクがあります。

それゆえに自身の頭の中が冷静なうちに正しく準備する事が大切なのだ。

その”準備”とは、最初は自らの台本を記す事から始めます。

今からの為替相場はああだから、NZドルを勝負するといった、自分で考えた筋書きを書いていきます。

その次は為替チャートをチェックしよう。

今までのレートの上げ下げを確認して、今日の相場を確認する。

そうしたら、「現在は結構安すぎる段階になっているな」など、もしくは「とっくに多くの投資家の方々が勝負している、今さら自分が売り(または買い)してもすでにやりようがない」ということが理解できます。

もはや買い(または売り)するのが間に合わないなと感じたならば、エントリーしないで、そこのところは諦めることが不可欠です。

どうしても自身の台本を貫いて無理やり新規エントリーすると、マーケットに跳ね返されてしまいかえって損失を被ることになります。

ただ多くの場面で、準備が整った自らのシナリオを作り上げておくとエントリーが遅いというケースにはならないと思います。

明確に市場が上下動する前の状況のはずです。

次は、自分が注文しようと考えている売買ポジションの変動を、ちゃんとチェックすることが大切です。

例えばドル高になるという物語を記したのであれば、その外貨の動きに注意を払っておきます。

為替相場の推移を注意を払い始めた状態では、該当の通貨ははっきりと上げ下げする様子を見せないで、上がったり下がったりわずかな上げ下げを繰り返しているだけだろう。

でも、その上げ下げをきちんと見ているとある位置で着実に、円安へと外国為替相場が推移し始めます。

そこで初めてドルの注文をします。

通常、十分に事前準備を進めておけば、その注文で勝つ率は高くなります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.auchmar.info All Rights Reserved.